うつ病などの病気の可能性

医者と看護師

早めに医療機関を受診したい

通学や通勤をしている人はもちろん、家事や子育てをしている主婦まで、精神的なストレスや疲労などが溜まり、疲れ気味の人が増えています。やるべきことがたくさんあるのに、意欲がわかないので悩んでいる人が少なくありません。気力や意欲が著しく減退してしまい、家事や仕事、学業などに支障が出てしまうことがあります。気になる症状が2週間以上続く時は、精神科や心療内科を受診するのをお勧めします。うつ病や統合失調症などの精神疾患は誰でも罹る可能性があります。うつ病や統合失調症に罹ると、意欲がわかないので、女性の場合はメイクをしなくなったり、お洒落に無頓着になることがあります。精神科や心療内科を受診する時は、なるべく家族や配偶者に付き添ってもらうことが大事です。本人が気付いていない症状を医師に伝えることが出来ます。うつ病などの精神疾患が診断されると、十分な休息や睡眠が必要です。朝型の規則正しい生活を心掛けて、過度な疲労やストレスを溜めないことが大事です。夜更かしをすると、昼間に眠気を感じたり、起床の時間が遅くなりがちです。病気が診断されたら、なるべく午後の11時ぐらいまでに就寝することが大事です。抗うつ剤や気分安定薬を処方してもらうことで、少しずつ辛い症状が改善されてきます。

健康な人でもストレスや疲労が溜まると、一時的に意欲がわかないこともあります。健康な人は3、4日ぐらいを過ぎると、自然に回復をすることが多いです。離婚や両親との死別などを経験したり、引越しや転職などを経験すると、大きなストレスを受けてしまいます。うつ病などの病気に罹ると、意欲がわかない、憂鬱な気分が長く続くなどの症状が見られます。意欲が著しく低下すると、家事や仕事でミスが増えたり、学生の場合は急に成績が下がることもあります。家族や配偶者に変化が見られる場合は、精神科や心療内科を受診させることが大事です。インターネットのWEB上などで、うつチェックなども受けられます。診察の時にチェックシートを持参することで、病気を診断しやすくなります。意欲がわかない状態が長く続くと、欠勤や欠席が増えたり、家に閉じこもりがちになることもあります。うつ病や統合失調症などの病気は、適切な治療を受けることで回復をする人が増えています。抗うつ剤や気分安定薬を処方してもらったり、カウンセリングなどの精神療法を受けることが出来ます。意欲がわかない時は、家事や育児を手伝ってもらったり、有酸素運動やストレッチなどの軽い運動をするのもお勧めです。症状が改善してくると、身だしなみに気を配るようになったり、掃除や片付けなどの家事が出来るようになります。